カンボジア保健省によると、シアヌークビル州のシハヌークビルにあるホテルに隔離されていたフランス人観光客29人とカンボジア人ツアーガイド2人が新型コロナウイルスに感染していることを確認した。

また、マレーシアの宗教集会から帰国したカンボジア人男性2人の感染も確認され、カンボジア国内での感染者は86人となった。

 

感染が確認されたフランス人観光客らは36人の団体旅行客で、3月18日〜21日までシアヌークビルに滞在する予定だったという。

当初、団体旅行客らははインディペンデンス・ホテルに滞在していたが、現在は7階建てのホテルで隔離されているという。

マレーシアの宗教集会に参加して、帰国後に感染が確認された2人はそれぞれコンポンチャム州とココン州に住むカンボジア人男性だという。

 

現在、カンボジアでは新型コロナウイルス拡大を受け、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカ、スペイン、イランからの入国を禁止しているが、その他の規制は設けていない。

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事