カンボジアのフラッグキャリアであるカンボジア・アンコール航空は、10月にプノンペンとベトナム中部ダナンを結ぶ直行便を就航する予定だ。


アンコール航空は22日、観光省との会議でダナンへの直行便就航の計画を明らかにした。


アンコール航空CEOのHoang Manh Tuan氏は観光省との会議で、直行便就航に向けて省からの支援を求めており、就航は10月に予定されていると付け加えた。


アンコール航空はすでにシェムリアップからダナンへの直行便を運航している。


カンボジア観光省のThong Khon大臣は、ダナンをベトナム最大の観光地の1つとして捉えており、この計画に賛同を示している。


「直行便の就航で観光客の数は増えるだろう。 ダナンを訪れる外国人観光客は飛行機に乗ってプノンペンに直接旅行できるようになる」と同大臣は語った。


ナム民間航空局とカンボジア民間航空局(SSCA)は、6月に同フライトに関する合意に署名した。


SSCAによると、カンボジア-ベトナム間を運航するのはカンボジア・アンコール航空、ベトナム航空、カタール航空、ベトジェットエアの4社で、 1週間で計112便が運航されているという。


観光省によると、今年1月〜6月まででカンボジアを訪れたベトナム人観光客は、昨年の同時期比3.9%増加の40万1642人であったという。

 

出典:KHMER TIMES

関連記事