金曜日の政府からの発表によると、経済財務省(MEF)は新しく18%の貸出金利上限が有効となることで、小規模融資を促進するため、政府関係者とマイクロファイナンス機関(MFI)が議長を務める共同委員会を設立することを計画しているという。

この新しい提案は、先週カンボジアのマイクロファイナンス協会(CMA)の代表がオーン・ポーン・モニロット財務大臣との会見後に発表された。

彼らは、4月1日に新しく再編されたMFI融資に金利上限が突然適用されたることとなった後、小規模融資では20〜30%の優遇税率が大幅に引き下げられ、MEFがMFIを支えるためにとる措置について議論した。

CMAの顧問であり、Vithey Microfinance Plcの会長であるブン・モニー氏は昨日、省庁が小規模金融グループからの要請を受け、MFIが直面するであろう問題を研究することを約束した。

カンボジア国立銀行(NBC)が3月にマイクロファイナンス・ローンの金利が年間最大18%を超えてはいけないと発表してから、マイクロファイナンス協会(CMA)はその解決策を見つけようとしている。

カンボジア国立銀行(NBC)が発表から1週間後、マイクロファイナンス協会(CMA)は中央銀行との取引を仲介し、年間ライセンス料を削減、リエルで直接MFIに融資を行うことに同意したと主張した。

Emerging Markets Consultingのシニアコンサルタントであるゲス・チョウ氏は、政府が金利上限の負担を軽減するため政府が確定契約を行う前にMEFとNBCの双方は経過観察をするだろうと予測している。

MFIが本当に問題を抱えているかどうかを政府が観察する必要があるため、MFIは徐々にサービス料を増額して小規模融資を提供する方法を模索していくだろうと付け加えた。


政府が介入しないことを決定した場合、MFIが顧客に小額の融資を提供し続けていくためには、1〜2%のサービス料を請求することになる。」と述べた。
 

http://www.phnompenhpost.com/