経済財務省高官によるとカンボジアはインフラ整備、特に輸送部門に10億ドル以上を投資してきたという。
                                                                                
この数字は、政府の年間投資額の約80%を占めている。
 
ボンセー・ビソート国務長官は、金曜日に行われたインフラ需要対応とカンボジア競争力向上会議という表題の、輸送と物流に関する講習会で、輸送部門は経済成長の促進、雇用の創出、投資の誘致、国外からの製品との販売競争力を向上させることであると述べた。
 


ビソート氏は、政府がインフラ整備に多額の投資をしている間、輸送部門は迅速な開発に重要な役割を果たすと述べた。
 
「現在、インフラ整備への費用は、GDPの約7~8%で10億ドル以上に上り、主に交通インフラに費やされている」
 
「世界銀行によると、インフラ整備はより優れた税関手続きなど、国境を越えて向上してきたため、物流における世界ランクは上がった。」とコメントした。
 
世界銀行は、カンボジアは物流において、2010年は155カ国のうち129位にランクインしたが、2016年には73位に上がったと語った。
 
「多くの出資者と協力して、民間部門から物流への投資を誘致し、国民と国家に貢献し、東南アジア地域、また世界で競争していかなければならない」と述べた。
 
交通省のタウチ・チャンコサル氏は、カンボジアのインフラ整備の優先順位は、道路、橋、鉄道、港湾、空港であると述べた。
 
カンボジアには、約11,000キロの国道と4,407キロの州道がある。これまでのところ、道路の40%以上が舗装道路だという。
 
物流部の事務局長であるチチェン・ピッチ氏は、中国、日本、韓国、アジア開発銀行からの融資と無償資金協力により、約910キロの国道と州道の建設と改善が進められていると述べた。
 
今年の交通インフラ整備は、年間約300~400キロメートルの道路建設を継続し、輸送ネットワークの維持にさらに注意を払い、改善と法強化を通じて道路の安全性に注意し、輸送インフラの大規模計画を策定、政策と枠組みの進展、都市インフラ整備と公共輸送の大規模計画を進展させ、そしてインフラ整備への民間部門の参画を促すことだという。
 
ユーロチャムカンボジアの運輸・物流委員会のチャールズ・エスターホイ会長は、貿易誘致による経済成長を促進するためには、カンボジアの競争力の向上が不可欠であると述べた。
 
しかしこれは、より効率的にするための規制慣行の改善と合理化、多様な産業貿易に対応するための法的枠組みの作成、カンボジアを複数の交通機関と連携させる交通施策で地域のリーダーとして位置づけるためのものである。
 


ビソート氏は講習会で、2018年の国家予算において、政府は物流分野に関する政策を次のように優先順位をつけると結論づけた。

それは、インターモーダル運送基本計画を支持して推進し、新しい鉄道の運行を開始して、建設する前に鉄道の改修スピードを速めて準備を整える。

また、港沿いの競争力を押し上げるために川沿いの輸送システムの開発を続け、特に計画、投資プログラム、インフラ整備に関する公共投資の推進と管理をしていくというものだ。
 
同氏は、政府が他の政府機関、特に税関や消費者に対して、双方向の貿易手続を削減し、制度の重複を減らすよう支援、推奨するとコメントした。

http://www.khmertimeskh.com/


今日のニュース一覧に戻る>>>